コウモリ駆除を業者に依頼した時の作業の流れ。

可愛いけど迷惑!~コウモリや鳩の被害に遭ったら?~

コウモリ駆除の流れ~業者が行なっている作業内容~

専門の業者にコウモリ駆除を任せることによって、騒音や糞害の問題を解消することができます。初めて業者に依頼する人は、どうやって駆除を行なうのか疑問に思うでしょう。ここでは、コウモリ駆除の流れを説明していきます。

全体の流れ

コウモリを追い出す

コウモリは鳥獣保護法で保護されているため、殺傷することはできません。そのため、まずはコウモリを追い出す作業を行ないます。専用の煙霧機で煙を焚いたり、コウモリが嫌がる超音波を発生させる機械を使ったりして、傷つけないように追い出します。

糞の除去や掃除

コウモリは侵入した天井裏やベランダに大量の糞をします。糞をする場所は決まっており、そのまま放置しておくとダニや雑菌が繁殖して二次被害へとつながってしまう危険があります。そのため、徹底的に糞を除去します。

巣の撤去や処分

天井裏などに営巣したコウモリは、家の柱や壁、断熱材の隙間などに潜んでいます。断熱材をめくると、その下は糞が溜まっていることも多いです。業者は、巣となっているものは撤去して処分します。

消毒

糞や巣を綺麗に掃除したら、コウモリが棲みついていた痕跡を消していきます。獣臭を消して、コウモリが再び侵入してこないようにするためです。コウモリに寄生していたダニや雑菌もそれぞれ消毒し、清潔な状態にします。

まとめ

業者はコウモリ駆除のエキスパートなので、確実にコウモリがいた痕跡を消して元通りにしてくれます。再発を防ぐためのアドバイスももらえるので安心です。

駆除は必ず業者に行なってもらう

コウモリにはダニやノミが寄生しており、家に棲みつかれてしまうと布団や畳から人に害を及ぼします。また、コウモリの糞にもカビ菌がたくさん存在していて、糞が乾燥すると空気中に飛び散って人の肺に入ってしまう可能性もあります。素人が駆除を行なうのは危険なので、必ず業者に駆除してもらいましょう。